私がカードローンの申し込みをした時の体験談

必要な時にいつでも借り入れできる

財布

私は、急な出費があった時に備えて、カードを持ち歩くようにしています。持ち歩いていれば、お金に困った時に、ATMで借り入れができるからです。
現在は、金融機関のATMコーナーやコンビニエンスストアが増えています。また、コンビニエンスストアのATMはもちろんですが、金融機関のATMコーナーも、深夜や早朝に利用できるようになってきています。
つまり必要になった時にはいつでも、すぐに借り入れができるわけです。そのため急な病気や事故などでお金が必要になった時に安心ということで、申し込みをしたのです。

オペレーターと会話しながら手続きできる自動契約機での申し込み

私は申し込みを、自動契約機でおこないました。
まずは事前にあらかじめ、自宅でパソコンを使って、仮審査を受けておきました。年齢や収入などについてのいくつかの項目を入力するだけなので、しかも匿名で済むので、気軽に受けることができました。
しかも、融資可能という審査結果が出たのです。おかげで前向きな気持ちで、自動契約機に足を運ぶことができました。

自動契約機では、スピーカーとマイクとを使って、オペレーターと会話しながら申し込み手続きを進めていきました。手続きの途中で疑問があれば、オペレーターにすぐに質問できたので、その点がとてもありがたかったです。
たとえば、住宅ローンについての項目に入力する必要があったのですが、我が家では住宅ローンを組んではいますが、契約者は夫です。しかし私は、自分の収入の一部を、返済の足しにするために夫に渡しています。そのため私も住宅ローンを支払っているようなものなので、項目にどのように入力したら良いかわからなかったのです。
そのことについて質問すると、オペレーターは、契約者が私ではないなら、住宅ローンを支払っているとはみなされないと教えてくれました。
こういった具合で、私は疑問をその場で解消しながら、スムーズに申し込み手続きを進め、無事に終えることができました。

いざという時のために

しかも、仮審査で出た結果の通り、融資してもらえることになったのです。融資可能金額は、30万円でした。これで、お金が必要になった時にはいつでも、30万円分を自由に借り入れできるようになったのです。
もちろん基本的には自分の収入を使うようにはしますが、いざという時に頼りにできるという安心感から、心を軽くすることができました。

後日、飲み会の席で友人たちにこの体験談を話したところ、大変に興味を持たれました。多くの人が、急なアクシデントなどでお金に困った時の不安を抱いているようです。その不安を解消するためにも、世にカードローンというサービスがあることは、素晴らしいと思いました。