消費者金融で複数のカードローンを利用している場合、イオン銀行のおまとめローンに借り換えると返済総額を減らすことができます

消費者金融の総量規則とは

カードローンはとても便利なので、つい借りすぎてしまうことがあります。消費者金融には利用限度額というのがあって、初めて利用する場合は30万円とか50万円ぐらいの借入枠となっています。
なぜ初めての人の借入枠が少ないかというと、利用実績がないのできちんと返済してくれるかどうかわからないからです。半途から1年ぐらい返済していれば、借入枠を広げることができます。

ただし消費者金融には総量規制という決まりがあって、年収の3分の1までしか貸し出せないことになっています。年収が300万円の人は100万円までしか借りることができないのです。これは1社ごとの基準ではなくて、トータルでの金額です。
例えばA社に30万円、B社に50万円借りている場合、C社から借りることができるのは20万円ということになります。この例のように複数の消費者金融から借りていると、総量規制にひっかかってそれ以上利用できなくなります。このように複数の消費者金融から借りていると、毎月の返済が困難になってしまうケースが非常に多いのです。そのような時は早めに借り換えすることが必要です。
どのようなことをするのかというと、A社からC社までの合計で100万円借りている場合、銀行のカードローンで100万円を借りて、A社からC社までの借金を返済してしまうのです。つまり銀行のローン1本に借り換えてしまうわけです。

銀行カードローンのメリットと注意点

なぜ銀行のカードローンがいいかというと、銀行は総量規制の対象外なので年収に関係なく借りることができるからです。また消費者金融よりも銀行の方が利息が数パーセント低いので、返済総額を少なくすることができるのです。
もう1つのメリットは、複数の消費者金融を利用していると返済日がそれぞれ違うので面倒なのです。うっかり返済し忘れてしまうこともあります。しかし銀行1社にしてしまえば返済日の煩わしさから解放されます。
ただし銀行によっては審査が厳しくて、複数の消費者金融で借りている人には審査がとおらないことがあります。その場合はおまとめローンを扱っている銀行を選ぶと、スムーズに審査がとおります。
いくつかの銀行で取り扱っていますが、おすすめはイオン銀行です。積極的におまとめローンをすすめていますし、300万円以下の借り入れなら年収確認書類が不要です。金利も4.8から13.5パーセントと他の銀行より低めになっています。
ホームページには借り換えのシミュレーションができるようになっているので、どのくらい返済額が減るか確認することができます。