在籍確認がイヤでカードローンを利用できない人でも、三井住友銀行グループのモビットなら安心して利用できます

着実に返済を行うことで利用限度額が増額される

カードローンは小さなお金を必要に応じて借りるのに便利です。上手に使うコツは、毎月の返済を必ず行うことです。
初めて利用する時には利用できる限度額が低めに抑えられています。一般的には30万円とか50万円ですが、ローン会社によって基準がちがいます。ただし毎月の返済を確実に行っていると、半年から1年ぐらいで利用限度額が増額されます。
ローン会社によって自動的に増額される場合もありますし、利用者が申請して増額される場合があります。このように返済を着実に行うことによって、利用者の信頼度が増すのです。

カードローンを初めて利用するには

カードローンを初めて利用する場合はローン会社にまず会員登録をする必要があります。ほとんどの会社がホームページに申し込み用のフォームを用意してあるので、それに必要事項を記入してクリックするだけです。
その時に必要な書類があるのですが、本人確認ができる免許証か保険証を用意しておけば大丈夫です。それと収入証明書を提出する場合もあります。最近では利用金額が100万円以下の場合には必要としないところが増えています。それだけ利用しやすくなっているわけです。
主婦などは収入証明書が不要のローン会社を利用すると審査がとおりやすくなります。このような手続きをすれば、ローン会社側の審査が行われます。この審査も最近ではスピード化しており、早いところでは30分程度で審査結果がわかるようになっています。
審査の基準ですが、返済能力があるかどうかを主に審査されます。返済能力というのは、働いている人で毎月安定した収入があるのが条件です。
正社員でなくてもパートでもアルバイトでも、安定した収入があれば大丈夫です。

在籍確認のない三井住友銀行グループのモビットが人気

そして審査の終わりに必ず行われるのが在籍確認です。これは申し込みフォームに記入された勤務先に、本当に勤務しているかどうかをローン会社が電話で確認するわけです。申し込んだ人の中には退職した人もいる場合があるので、電話で在籍確認するわけです。
もちろんローン会社とはわからないように個人名で電話をするように配慮してくれますが、職場で電話を受ける人にとっては気分のよいものではないのです。職場に知られてしまうという不安があるからです。この確認電話がイヤでカードローンを使わない人もいるぐらいです。
しかし、この在籍確認を行わない金融機関があります。それは三井住友銀行グループのモビットです。モビットにはWEB完結申込という方法があり、これを利用して申し込むと職場への確認電話もなければ自宅への郵送物もないのです。インターネットですべて契約を完結することができるからです。そのためモビットはとても人気があります。