失敗しないカードローンの使い方をご説明します

低金利で借りるなら銀行カードローンがおすすめ

便利な銀行カードローン

お金を借りる際は目的別のローンで借りる人も多いですが、生活費や交際費など様々な用途で活用したいのであればカードローンも便利です。

フリーローンも様々な用途に活用できますが、一度借りたら、その後は返済していくだけで、利用枠に余裕ができても、新たに借入れをすることはできません。

その点、カードローンなら限度額の範囲内で何度でも借入れできるのも便利です。そして全国の銀行、コンビになどに対応していますので、遠方に出かけた際にもすぐにお金を用意できるのも便利です。急いでいるときは即日融資にも対応している消費者金融も便利ですが、より低金利で借りたいという場合は銀行のカードローンもおすすめです。

融資限度額と金利を比較する

銀行の場合は手続に時間がかかるというイメージもありますが、最近はよりスピーディーな対応をしている銀行も増えており、即日にも融資が受けられることも多くなっています。審査が厳しいともされていますが、安定した収入があり、現在の借入れ状況に問題がなければスムーズに融資を受けられることも多くなっています。

消費者金融は年収の3分の1の金額までしか借りることはできませんが、銀行の場合は総量規制の対象ではないので、年収の3分の1を超える金額が必要なときも用意できるというメリットがあります。

融資限度額は銀行によって違いがありますが、1000万円までなど高額の借入れにも対応しているところもあり、すでに消費者金融などで借入れがある人も借り換え、おまとめなどに利用することも多くなっています。

銀行カードローンは各銀行によって融資限度額や金利は違いますので、よく比較して選んでいきましょう。いつも利用している銀行であれば、キャッシュカードにローンの機能をつけてもらえるので、新たにカードを発行する手間もありません。

そして、必ずしもその銀行の口座を持っていなければいけないというわけではなく、口座を持っていない場合でも申し込めるサービスもあります。対応の早さも銀行ごとに違いますので、特に急いでいる場合は即日融資にも対応しているかはよく確認して申込をしましょう。

さらに詳しくは、カードローンおすすめ比較隊「キャッシング審査と即日融資」に成功する方法を参照ください。

必要書類と手続き

銀行の場合も、消費者金融と同じように基本的には無担保、無保証で借入れができますので、担保、保証人の用意は必要ありません。本人であることを証明する書類は必要ですので、運転免許証などの書類を用意しておきましょう。そして大きな金額を借りる場合は収入を証明できる書類も必要です。

手続は来店、自動契約機、郵送、インターネット、電話、モバイルなど幅広く対応していますので、それぞれの都合の良い方法を選びましょう。

最新投稿